« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の5件の記事

強いだけじゃ勝てない

050418-01.jpg


このホームページ宛に、光文社さんからメールを頂き、話題の本を送っていただけました。

出版社の人がこのHPを見てるなんて(~■~;!!

今日届いたばかりなので、これからゆっくり読むつもりです。

先生をヨイショした本かな?と思っていたのですが、ページをめくって驚きました。
美談だけでなく、ダークな話も隠さず書かれていて驚きでした。

P236以降(「仙波の怪我が無ければ日本一になっていた - オ大戦勝利」のあたりからが、伝聞ではなく、自分が部員としてリアルタイムで、経験した話になっていきます。
「この場面、いました!」みたいな。


本の書き出しは、昨シーズンの松本主将の戦いについてが書かれています。
このHPで先に紹介した話もあれば、書ききれなかったこともあったり。

綿密な取材を重ねて書かれた文章を読んでいると
自分が在部中に経験した、タバコのこと、寮のこと、仙波さんのこと、たくさんのコーチとのこと、僕らの学年が慶應に負け、3連覇を逃した時のこと、辛かったことがリアルに思い出されました。

濃い時代を過ごしたと思います。


自分がカントーに関わって10シーズン目。
(1996年度・仙波さんが4年生のときに入部しました。)

あの時、こうしていればよかった。
何か、出来たんじゃないか?打つ手はあったんじゃないか?
じゃ、今の自分になら何が出来る?
日々、考えています。

チームに残った以上、チームの為に考えて行動する責任があるし、
ラグビーを続けられない人(怪我であったり、退部であったり)の為にも、
続けられる人は
ラグビーをもっと楽しく魅力的なものにしていく責務があると自分は思っています。
それをしなければ、ラグビーというスポーツにも、続けることが出来ない人にも、
素晴らしいグラウンドや設備にも、失礼に当たると思っています。

いま、こうやって自分がラグビーから離れられずにいるのも
こんな思いと、ラグビーの楽しさを一人でも多くの人に伝えたいという気持ちからです。


監督の立場、コーチの立場、選手の立場、マネージャーの立場、父母の立場、学校の立場。
いろんな考えをもった人が集まって、
目標は、いいチームを作りたい、ラグビーを楽しみたい、強くなりたい
でも、力不足に涙し、言葉不足に涙し、立ち尽くし、また立ち上がり。

これを繰り返して、強くなっていくチームなのかな、カントーって。


これからのチーム作りのために忘れちゃいけないこと思い出させてくれる本だと思ったし、
人間味があるエピソードが多く書かれているので、
ラグビーに詳しく無い人でも、読みやすいのではないかと思いました。


自分が、カントーで、経験した全てのこと。
うれしかったことも、辛かったことも、悲しかったことも、楽しかったことも。
すべて鮮明な思い出です。

ありのままのカントーと、これからのカントーが書かれています。

あと、横濱ラグビーアカデミーでやってるタグラグビーのことも。

読む価値ありです。

あと、一昨日コーチから聞いたのですが、この本が売れて先生に入るお金は
安河内君をサポートする基金(※P299参照)に回されるそうです

| | コメント (0)

釜利谷の桜満開。

050409-07.jpg

正門から野球場へ伸びる道。左が校舎、右にはラグビー部の練習するグラウンド。


050409-02.jpg

芝生も一段と美しく。


050409-01.jpg

釜利谷クラブ(大人)は、明日(4/10)試合。ガンバレよ。


050409-03.jpg

大学生は軽めの練習。



今日、グラウンドに行ったら、4年生に、
「○○さん(昨年度の4年)が、
『「追いコンの写真ください」って、言ってたって伝えといて。』と言ってました。」
と言われた。事務仕事でたまたまメールアドレスを知ってるヤツだったので、
気を利かして追いコン直後に写真を送っといたんだが、戻ってきたぞ (-_-メ

引っ越してアドレスが変わってるか?同郷の後輩よ… 
写真はメール送れるのでこれを見てたらメールください。

他の卒業生も追いコンの写真、焼き増しで郵送とかは面倒なんで出来ませんが、
メールに添付でよけりゃどーぞ。

|

YC&ACセブンズ CONSOLATION で優勝

050403-001.jpg

記念撮影。


050403-003.jpg

遊んでくれる人探し中。シェパート犬・6歳・ホウダイ


050403-004.jpg

あまりの晴天で、グラウンドは砂煙。2回も、水撒きがありました。
天気予報大外れ!




1回戦で、日本IBMと当たってしまったのが不運。
IBMは7人のプレーヤーのうち、外国人4人を同時に出場させ、
ブッチギリの強さで表で優勝を決めてました。

カントーの目論見としては、表の2回戦で三洋電機のOB達と対決のはずだったのですが、
お互いに破れ、コンソレでこの三洋と対決。

この試合が僅差だったくらいで、帝京戦、サニックス戦では、走力の差、スキルの差を見せ、
そして、地元の利か、応援に駆けつけた部員、釜利谷クラブの子供達の声援に押され、
コンソレで優勝に輝きました。
北川のスピードは次元が違うとしか表現の仕様がない感じでした。

050403-002.jpg

タッチフットに夢中。汐入ホワイトベアーズ。


応援に来ていた汐入小ホワイトベアーズ(横濱ラグビーアカデミー・釜利谷クラブ)の子供達。
試合を見てて、やりたくなったのか、開いたスペースを見つけてタッチフット。

通りすがりの人たちが、
「わぁ、上手な子達!」
「NHKに出てた子達じゃない?タグの全国大会で優勝した…」
と話しているのが聞こえました(嬉)

カントーの応援もしっかりしてくれて、セコムの応援のように派手さはありませんが、
選手の力になっています。

あと、ウケたのが、この子達のお母さん達の会話。
サニックス戦のプレーを見て、
「今度あのプレーやってみましょうよ!」ってさ。
小学生のお母さん達も、子供につられて、
ママさんタグラグビーをやってるのでこんな会話が。
頼もしいです(笑)

|

釜利谷、開花宣言。

050402-02.jpg

釜利谷、守衛室横の桜。この木のこの枝だけ、咲いてた。他の木は、まだ全然咲いてない。


050402-top1.jpg

必至でボールを追っかける。


050402-04.jpg

男子vs女子で、試合。女子チームのキックオフ。
 

050402-05.jpg

手前が女子、奥が男子。スクラム有りの試合です。



午前中にYC&ACメンバーと神奈川セブンズメンバーが練習。
サブグラウンドは、10時から日没までずっと子供達が練習。

ここ2~3ヶ月、ラグビー部の貸切状態だった釜利谷キャンパスも、
新1年生が入ってきて、サークルの勧誘の机がいっぱい出てた。

社会人6年目の自分は、サークルの勧誘なんかに声をかけられる事は無く、
「見た目、そんなに老けてないつもりなんだが・・・」とちょっと肩を落とした。

学食は、一般学生がいっぱい。
このところ、ずっと、小中学生ばかりだったからなー。
ま、本来、大学生のものなんだが>学食

あと、明日から前一列の奴ら、6・7人くらいがNZへ武者修行へ旅立つ。
本部室で、コーチと4年生が、
YCAT(ワイキャット)がどうのこうの、成田がどうのこうの
と話してたんで、どっか行くの?と聞いたら、
去年教えてくれてたマイクのとこに行って教わってくるらしい。
すごいなー!気をつけて行ってこいよー。

050402-03.jpgタグボールの携帯ストラップ。
本日、タグやってる小学生のお母さんからゲット!
小さいのに、よく出来てる。布製の手作り。
カントージャージのストラップは、部員もつけてるヤツ結構多いし、先生もつけてる。

|

鰻石焼ビビンバ

久々にまともに昼飯食えました。

3月は、5年間の社会人生活の中で、飛びぬけて忙しい月になってしまいました。

月間残業時間は、たぶん、過去最高を20時間くらいオーバー。
最終退室も何度か。

昼休みもゆっくり取ってる時間があったら仕事片付けて、その分早く帰りたい!
食ってるなんて無いし、その時間が惜しい!
って感じで、朝、コンビニでオニギリ買ってて、昼に5分でそれを食って、
また仕事に戻ったり、昼飯一切食わずに仕事したのも何日かあって。。。
悲惨な月でした。
恐るべし、年度末。

4月から、新入社員が2名、産休から復帰が1名、人派さんが1名加わるので
だいぶラクになるのでは、と願っています。

前置きは、さておき、昼飯の話。


会社のすぐ傍にある焼肉屋。

焼肉屋なのに、「鰻」の文字が!!

鰻石焼ビビンバ

鰻好きとしては、オーダーしないわけにはいきません。

会社周辺の昼飯で満足するものが食える店(外食編)、トップに躍り出ました。
韓国料理とうなぎの融合。

見事でした。


混ぜご飯系うなぎ料理のトップに君臨する、「ひつまぶし」で得られる感動と興奮には勝りませんが、
会社のあんなにすぐ傍で、しかも1.000円ちょうどで、結構な満足が得られました。

ちなみに、ひつまぶしの値段は2.500円前後です。
ひつまぶしを食おうと思うと、プラス新幹線代もかかるので、鰻石焼ビビンバはお得だと思いました。

ちなみに、先週の日曜日の晩飯にも、鰻を食いました。

文庫の「濱町」で。

12月にこの店で、ひつまぶしを食ったときには
「こんなもん、ひつまぶしじゃねー!(-_-メ) 鰻に失礼だ!」
と思う代物だったので、この日は、普通に「うな重」を頼みました。

ひつまぶしで、大きく信用を失っているので、この店の鰻に与えた
最後のチャンスだったのですが、うな重は合格。
これは、そこそこ旨かったです。


1週間に2回も鰻が食べれて幸せな週でした。

こーゆーもんばかり食ってるから、中性脂肪が多い
と医者に言われるんだ、と思いました。


追記 カテゴリに「うなぎ」を追加しました

|

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »