« 日立遠征・おまけ | トップページ | 初詣 »

ご連絡

080102.jpg


喜ばしいことも、残念でならないことも
たくさんあった2007年でした。
身の回りの人たち、普段は顔を合わせる機会はなかなかない人たち、
周りのすべての人たち、
いつもありがとうございます。

いま、実家にいます。
親のパソコンを借りて書いているので入力しにくいです。

まことに個人的なご出来事ばかりになってしまうのですが、
昨年の終わりからここ数日のことと、これからのことについてご連絡。

11月の終わりに、会社の近くの大学病院に行ったら、
左大腿部石灰化上皮腫 と診断されまして
腫瘍と潰瘍部分の摘出手術 となりました。
12月中に手術をしたほうがよかったんでしょうが、なんせ急だったし
(急に腫瘍が出来たわけではなくて、腫瘍は長年の間に出来たんだろうけど)
クリスマスや誕生日(31日に30歳になりました!)をベッドの上で寝て過ごすのは嫌だったし、
仕事もしばらく休むことになるので、引き継ぎもそれなりにしっかり
やらなくちゃ、と思いまして、
今月8日に入院・手術をすることにしました。

部位が太腿から膝にかけての部分でして、
術後、皮膚が定着するまでの1ヵ月くらい?は、膝を曲げちゃいけないそうで
膝の固定が必要となるので、その状態で、仕事も通勤も一人暮らしもちょっとキツイ?
と判断し、実家で療養することになりました。

石灰化上皮腫というのは、良性の腫瘍なんだそうで、
20年くらい前に、怪我して、ケロイドになっている皮膚のしたの部分に
石灰(カルシウムですね)が、集まってくっついて、石のように硬くなって
しまっている、
と簡単に説明すると、こんな感じです。
部位が膝付近じゃなかったら、そんなに休むこともなかったんでしょうが。

そんなわけで、しばらく戦線離脱です。

さらに、年末。
28日(金)まで仕事をし、実家から帰省の際には喪服を持って帰ってくるように、
と言われてので、覚悟はしてたけど、
29日の夜に実家で同居してた祖母が急遽。
95歳の大往生でした。

元旦に通夜。
今日(2日)が、お葬式でした。
こういってはなんですが、
10年?20年?ぶりに会ういとこ(従兄・従姉)や、初めて会う姪・甥、
親戚一同に揃う機会は滅多にないので、
そういった親戚とゆっくり話す機会になったのは楽しい時間でもありました。

自分は大みそか生まれ、祖母は年明け早々に通夜・葬式
人騒がせな日に生まれたり、亡くなったりするのも
血筋かね?なんて思ったりで(笑)


年賀状は、実家でゆっくり作ろう、元旦につかなくてもいいや、今年は9連休だし
と思ってたんですが、
急な身内の不幸により新年のご挨拶も出来なくなりましたし、
入院期間中はPCや携帯も繋げないと思われますので、
このような形での挨拶と、ご報告をさせていただきました。

ちょっと長い時間、神奈川・東京を離れることへの不安も、
2004年3月に東京に転勤してから、約4年間離れっぱなしだった名古屋に
ちょっとゆっくり帰れることへの安心感、
いろいろありますが、今後ともよろしくお願いいたします。

年明けは7日(月)、午前中だけ出勤して新年の挨拶と最後の引き継ぎをして
また冬休みに入ります。


最後に、学生のみんなには、元気な顔で再会できることを心より期待しています。
自分がまた戦線復帰したら可能な限りサポートする気持ちでいます。


1ヵ月、ろくに歩かない生活をした後、20キロの機材持って移動したり、
5キロのレンズ・カメラを振り回せるかどうかは、かなり不安だけど(^ー^;
帰り来ぬ季節

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

|

« 日立遠征・おまけ | トップページ | 初詣 »