« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の3件の記事

vs中央大学

KGU 27-12 中央大学
前半 20(3T1G)-7(1T1G)
後半 7(1T1G)-5(1T)

11112701

11112702

11112703

11112704

中央大学との最終戦でした。

秩父宮で東海-流通経済が行われていて、この試合で東海が勝てば
カントーが2位に滑りこめたかも?という試合だったのですが
カントーに大敗した流通経済が東海勝ち、流通経済はリーグ戦初優勝、
東海大は07年からのリーグ戦連覇も4連覇でストップ。
過去にカントーが築き上げた、リーグ戦5連覇の記録に並ばれることはありませんでした。
東海が勝っていればカントーは2位、翌年秩父宮で最終戦が手に入ったけど、
東海に5連覇をされてしまうのも、ぐぎぎぎ(歯ぎしり)。しかし、流通経済の優勝もうちは勝ってただけに
悔しい、という複雑な思いでした。
(悔しい思いをするくらいなら、悔しさをばねに勝て、ってだけの話なのですが)

結局3位に終わってしまったのですが。ここ数年の3位と比べたら
よくやれた感が強かったので不思議な気持ちです。

今年のリーグ戦ベストフィフティーンには

PR稲垣、田中
CTB関口
WTB小林
が選出されたとのことでした。たくさん選ばれましたね。

※この試合の前日は社会人ラグビーの撮影で花園にいて、忙しさ
ピークだったので、更新できずにいました。

| | コメント (0)

vs東海大学

KGU 22-25 東海大
前半 5(1T)-10(1T1G1PG)
後半 17(3T1G)-15(2T1G1PG)

11110601

FL田邉

11110602

ゴール前の攻防

11110604

後藤、激しくタックルに行く東海大SH

11110603

前半2分 関口のトライ

11110605

今日もトライ連発の小林

11110606

今日2つ目のトライ

11110607

空中戦 渡邊も東海選手も高く跳んでるなぁ

11110608

後半、渡邊のトライが認められカントーのスタンドの盛り上がりは最高潮

11110609

試合後 クールダウン中 天を仰ぐ

11110610

試合後、2トライと大活躍の小林。スタンドで応援していたメンバーへ。

-------------

東海とカントーのメンバー表を見比べてびっくり。カントーは15人中、175cm以下が7人。
東海大は175cm以下はSHの167cmと、FLの175cmの2人だけ。カントーなんてCTBとWTBが165cm。
体重100キロ超はカントーは1列3人だけ。東海は100キロ超6人。カントー小さい。
日本一から遠ざかって早5年、もっともサイズに恵まれていないチームなのは明らかなのですが
この3試合、よく戦えていることにびっくりです。
今日も再逆転で一時は9点リード。後半に動けなくなりあっさりと差をつけられるパターンがなく
最後まで締まった試合でした。
新井の手の怪我と田中の途中退場もあり、コラプシングの反則が沢山取られました。
試合を通しての反則数はカントーは14。ちょっと多すぎますね。
開幕前に心配していた層の薄さが辛いところです。
紅白戦をやっているのも底上げ、試合勘を少しでもつけさせよう、って考えなのかな。
Aチームの健闘を他人事とせず、ジュニア選手権に絡まない子たちも
全員が底上げ、いつチャンスが回ってきてもいいように
昨日のジャージ渡しで先生も言ってましたが
「出たら頑張りますじゃないぞ。」
ほんとそう。いつでも行けるように底上げ頑張って欲しいです。

ゲームは5年ぶりの優勝が目の前まで来ていて逆転負けでしたが
小粒なチームがここまでやってくれたことは嬉しいです。
(自分はOBなので、こんな考えですが 現役の子たちには、千載一遇のチャンスを逃したことを死ぬほど悔しがって
その気持ちを練習にぶつけて欲しいと思っています。負けて泣くより涙も流す力も出ないほど練習しまくって欲しいと思っています)

自分が1年生部員の時、カントーは6年ぶりのリーグ戦優勝でした。
1年生の時に「6年前に」と言われてもずっと上の先輩過ぎて、はっきり言ってピンと来てなかったです。

30歳半ばの自分からすると、5年前なんてつい最近のことなんだけど
今の学生からしたら、5年前ってもう、すごく昔のことなのかな、とか思ってしまいました。
優勝争いが毎年出来るチームであって欲しいです。練習への緊張感、意識がまるで変わってくる。

選手権、期待して応援したいです。ナイスゲームでした。悔しいけれど。

| | コメント (1)

東海大戦前日練習

11110501

稲垣

11110502

後藤

11110503

小林

11110505

グラウンド上空にトンビ

11110506

4月下旬頃のような陽気でしたが、見上げれば秋空ひつじ雲。

11110504

メンバー表のホワイトボードがグラウンドの中央に。

11110507

安井、後藤、田中

11110508

釜利谷寮の大家さんからみかんの差し入れが届いたよ~

11110509

安藤、杉町、簗瀬、佐々木

11110510

手前 楢崎

前日だけどリラックスしてるなー

11110511

Aチーム練習後、そのほかのメンバーが紅白戦 赤ビブスが1年生鈴木実沙紀

11110512

ジャージ渡し式

11110515

清めの塩が振ってあります キリスト教の大学だけどそんなことは気にしない。

11110514

キャプテン田中から締めの言葉。

---------------------------------------

明日は天王山、東海大戦と言うことで試合前日の釜利谷に行ってきました
(土曜日に社会人の試合撮影で、日曜日にカントーの試合と言うパターンが多くて
昨季からなかなかジャージ渡しの日にグラウンドに行きにくい状態だったのです)。

大一番前日ということで、気迫が入ってるかな
と思いきや、相変わらずのリラックスしたカントーでした。

試合前日はAチームを中心とした軽めの練習なんですが今季は
Aの練習後、その他メンバーの内ゲバ(紅白戦)をやっているんだそうです。
この試合に、1年生女子部員の鈴木 実沙紀が出場していてびっくりでした。
他の選手と区別がつくようにか、違う色のビブスをつけていたのですが
男子部員でも1年生と4年生では体格差があったりするのに、女子日本代表といえども
1年生女子が男子部員に混ざって試合をしていたのには、すごいなぁと鳥肌モノでした。
タックルで男子部員を倒した場面もあり、周りで見ていた部員達からも
「実沙紀すげー」と声が上がっていました。

WTB小林直哉のトライ数は現在12。残り2試合を残しトップ。
これまでのリーグ戦トライ数歴代記録は15(北川智規か中園あたりかと思ったが違うらしい)だそうで
残り2試合で4トライ取ればリーグ戦記録更新だそうです。
明日もトライを量産してチームを勝利に導いて欲しいものです。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »